無資格者が行うレーザー脱毛にご注意を

こんにちは。

今回は、レーザー脱毛のお話です。


ですが、少し怖いお話かもしれません。



女性の方は検討している方、そして今現在行っている最中の方も多いのではないでしょうか。

しかし、知っておいて欲しいのは、レーザー脱毛は「医業」ということです。



医業とは、医療行為のことです。

日本では、医師法第17条に「医師でなければ、医業をなしてはならない」と規定されています。

医師以外の無資格である者が行うことは禁止されているのです。

なぜ医業として扱われているかというと、やけどやシミといったトラブルが相次いで報告されたため、厚生労働省が2001年に医業として定めました。



ですが、現実は無資格者がレーザー脱毛を行っているエステサロンや脱毛専用サロンは数多く存在します。
無資格者が施術をし、やけどやシミになったり、あるいは脱毛したはずのところからまた毛が生えてきたりするトラブルが起こっても、返金に応じなかったり、ひどい所では怒鳴り返された、などという話もあります。
こういった行為を取り締まるべく、警察も動いています。

実際に無資格者がレーザー脱毛を行ったとし、逮捕される事案も存在しています。
どうか、脱毛を検討する際は、その方法がレーザーなのか、レーザーであるならそれは医師が行うのかどうかをきちんと確認した上で契約をするようにしてください。


医師が正しく行えば、レーザー脱毛は女性にとって、また濃すぎるヒゲなどを脱毛したい男性にとっても画期的な脱毛方法です。


綺麗に脱毛すれば、そこからはもう半永久的に毛が生えてこないので、毎日のお手入れがグンと楽になります。

正しい知識で、自分を守るようにしましょうね。