雨漏りの修理費用は火災保険が適用される

img1-1

雨漏りが起きると修理に高額なお金がかかるので、ため息をつく人もいますが、火災保険に加入していれば雨漏りにかかった修理費用を保険で賄えることもあります。

火災保険というと、火事だけにしか保険が適用されないという思っている人も多いですが、火事以外にも風災や水害、落雷や破裂などにも適用されます。

雨漏り修理が一般的になってきました。

加入している保険の契約書で確認してみるといいでしょう。

台風などの強風で瓦が吹き飛ばされてしまったことが原因で、雨漏りが発生した場合は修理費用が火災保険から支払われることになります。



強風が起きてすぐに雨漏りが起きれば、原因が強風によるものだとわかりますが、しばらくたってからだと原因がわからない場合もあります。
3年以内に起きた風災が原因ならば、十分修理を保険会社に請求できます。

毎日新聞情報サイトを使用する機会が増えています。

ただし20万円以上の修理費がかかった場合でないと、保険が適用されないケースもあるので気をつけてください。


保険会社によって適用条件が違うので、早めに担当者に相談してみるといいでしょう。


火災保険を適用して欲しいので、雨漏りの修理業者を依頼する場合は、保険会社への申請がとても大事になります。保険会社の信頼がとても重要になるので、できるだけ実績が豊富な業者に依頼するといいでしょう。会社規模が大きかったり、ネットの検索順位が上位に来ている業者が、絶対に保険会社に信頼されているわけではないので注意が必要です。

小さい業者でも、丁寧な仕事をしてくれる業者なら火災保険も適用されます。

生活をもっと知る

img2-1

雨漏りが起きたらなるべく早く修理しないとどんどん被害が広がります。どこに依頼したらいいのか?金額はどれくらいかかるのか?不安にもなります。...

more

詳しく知りたいなら

img3-1

雨漏りによる家宅内への浸水となった場合、火災保険が利用できるケースがあります。ただし、火災保険が適用できるケースは築年数の経過による劣化で浸水したケースには保険金が支払われません。...

more

生活関係の情報

img4-1

梅雨の時期や夏季には台風や集中豪雨で短時間に大量の雨が降ることがあります。その結果、床下・床上浸水などの水害や雨漏りの被害にあうことがあります。...

more

対策方法

img5-1

大阪の地域に建てられている家は、最初は堅牢な状態であっても、そのままの状態にしておけば経年劣化によって雨漏りを発生させる可能性が生じてきます。こうした問題は年間を通じて厳しい自然環境に晒される影響で受けるものですが、適切なメンテナンスをすることによって、総合的な形で解決できるようになります。...

more
top